新世代のオーデマ ピゲ ロイヤル オーク オフショア登場

時代が再び活気ある時を刻み始め、その高揚感と新たな気分とともに腕元の時計も一新したくなる。注目はスイスの名門オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」だ。1972年に誕生し、“ラグジュアリースポーツ”という新ジャンルを打ち立てた金字塔「ロイヤル オーク」の革新性を受け継ぎ、93年に初登場した。2021年にデザイン、ムーブメントとも刷新されたロイヤル オーク オフショアの新作の詳細を紹介する。(文・柴田 充 写真・奥山栄一)

ケース径、文字盤デザインとムーブメントを一新

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ
2022年の新作。オーデマピゲ コピー新型自社製キャリバー4401を搭載し、クロノグラフは従来の縦から横配列に変更した。存在感ある新しいケースサイズに、特許取得のストラップ交換可能システムを採用し、TPOに合わせて容易に交換できる。ステンレススティール、ケース径43mm、10気圧防水、自動巻き、パワーリザーブ約70時間。

rasupakopi
 1993年当時の高級時計の常識を超えた42㎜の大径ケースにクロノグラフを備えたロイヤル オーク オフショアのマッシブなスタイルは、“ビースト(野獣)”のニックネームが付けられたほど。だが確実に時代を捉えたことが分かるまでに時間はかからなかった。2000年代初期には44㎜というさらに大径のケースを加え、今年の新作はそれ以来初の大幅な刷新になる。

 最大のトピックスは、レギュラーモデルの42㎜と44㎜のラインアップに加わった43㎜というケースサイズと、シンボルであるクロノグラフ・サブダイヤルのレイアウトが縦配列から3時位置、6時位置、9時位置の横配列に変わったことだ。さらに文字盤を彩る“メガタペストリー”のパターンも見直し、よりシャープなピラミッドはそれぞれをクロスパターンでつなげた。

 さらにサテンブラッシュで仕上げた頂上のスクエア・インデックスが深みある奥行きを演出し、スポーティーな躍動感が伝わってくる。その12時位置に配したロゴも、従来のシグネチャーからゴールドのAPイニシャルのアプライドに変わり、すっきりとしたモダニティーが漂う。

印字ではなく、別部品で構成するアプライド・インデックス/ロゴを採用。立体的で視認性が高い高級時計ならではの仕様
 実際に着けてみると、見た目以上に新鮮な印象に驚かされる。角型プッシュなど44㎜径譲りのダイナミックさはそのままに、わずか1㎜の違いでフィット感が全く異なるのだ。細部をブラッシュアップした洗練のデザインに、縦方向に滑らかにカーブを描くベゼルとサファイアクリスタルもその印象を深めるのに一役買っているのだろう。これまでそのボリューム感から手にするのをためらってきたファンにもお薦めだ。

 例えばデフォルトのラバーストラップから、オプションのレザーストラップに換装してもいいだろう。スモークブラウンのダイヤルに合わせて薄いブラウンを選べば、がぜんビジネス寄りのルックになる。スマートカジュアルなスーツにも違和感なく、その力強さは相手にも絶大な信頼感を与えるに違いない。そして世界三大高級時計ブランドと称えられるステータスと気品は、ビジネスの成功をサポートしてくれるだろう。

インタビュー A.ランゲ&ゾーネ商品開発ディレクター「アントニー・デ・ハス

細かなリファインが際立つ、新しい“ルーメン”
A.ランゲ&ゾーネ商品開発ディレクター。1967年、オランダ生まれ。89年にクリスチャン・ホイヘンス技術学校を卒業後、IWCを経て、ルノー・エ・パピ(現オーデマ ピゲ ル・ロックル)に入社。リピーターやトゥールビヨンといった複雑時計の設計に携わる。2004年、A.ランゲ&ゾーネに入社。ティノ・ボーベとともに、さまざまな新製品の開発に当たる。14年より現職。商品開発ディレクターとして、ムーブメントだけでなく、外装やデザインまでコントロールする。
「この時計が搭載するムーブメントは『ツァイトヴェルク・デイト』の進化形だ。ただし、デイト表示を取っただけではなく、地板なども設計し直した」。併せて、蓄光塗料を載せるにあたって、細かなモディファイを加えたという。

「時・分の表示ディスクに蓄光塗料を載せると厚みが増して、干渉してしまう。そのため、ルーメンはディスク同士の間隔を少し広げた。ただし、オデュッセウスほど塗料を厚くするとやはり引っかかってしまうため、印字は少し薄くした」

 時・分のディスクを見ると、蓄光塗料を盛った印字は周囲にまったくにじみがない。一度、ホワイトを印字した後、その上から蓄光塗料を載せているとのこと。蓄光塗料の印字の質は、似たものの中でずば抜けて良い。文字盤そのものもかなり良質だ。

「厚さ1mmのサファイアクリスタルをレーザーでくりぬいて文字盤にしている。表面処理をした後、印字はスイスで行っている。歩留まりは厳しくて、50枚製造した文字盤のうち、27枚しか残らない」

 ケースの作りにも感心させられた。素材に選ばれたハニーゴールドは、硬くて退色しにくいが、溶接ができない。ラグとケースの隙間は溶接仕上げと勘違いするほど密だが、デ・ハス曰く「これも今までと同じくネジ留め。やはり溶接は不可能だよ」とのこと。蓄光塗料にせよ、サファイアクリスタル文字盤にせよ、ハニーゴールドケースにせよ、今までにあるものだ。しかし、仕上げはもう一段良くなった。

 文字盤の低い歩留まりが示す通り、本作はあくまで好事家向け、より正確に言うとA.ランゲ&ゾーネ コピーのコレクター向けの限定品だ。しかし、搭載するムーブメントは、今後通常版に転用されるだろう。

「昔のルモントワールは効率があまり良くなかったので、改善したかった。ルモントワールを1分間で作動するように改めて、テンワの慣性モーメントも少し落とした。以前は22.85㎎/㎠だったが、今は17㎎/㎠。テンワ自体は変えなかったが、マスロットを少しだけ軽くした。その結果、時・分が切り替わる際も振り角は落ちないし、パワーリザーブも約72時間に延びたよ」

https://www.supakopitokei.com/alangesoehne_copy206.html

 抜かりなく細部を詰めてきたA.ランゲ&ゾーネ。本作の価格は途方もなく高いが、その仕上がりには脱帽だ。

ロレックスにしか使われていない夜光塗料「クロマライト」の秘密

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか? あなたはどのロレックスがお好み? ロレックス愛用者の投稿写真をもっと見る なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。 今回お話しするのは、ロレックスが独自に開発・特許を取得した夜光塗料「クロマライト」につついて。

そもそも夜光塗料ってなんで開発されたの?

今では当たり前の存在になりましたが、そもそも、暗闇で光る時計が開発された経緯はご存知ですか? そのはじまりは1910年代の頃まで遡ります。当時はまだ街灯が今ほど整っていない時代。辺りが暗くなると文字盤から時間を読み取るのが難しかったことは容易に想像できますね。 そこで、長短針とインデックスが光るようにすることによって、暗闇でも時刻が分かるようにしようと時計にも夜光塗料が採用されました(夜光の機能は軍隊で昼夜問わずに日々ミッションを遂行する方達にとっては特にかかせないものでした)。

夜光塗料は一種類ではない

現在までには様々な夜光塗料が開発されています。 それぞれの由来や特徴を説明すると長くなりますので、こちらではかなりざっくりまとめますが…腕時計に使用されている ラジウム(~1960年代)→トリチウム(~1990年代)→スーパールミノバ(2000年頃~)と変遷をたどります。 ※夜光塗料には2種類、『自発光塗料』と『蓄光塗料』と呼ばれるものがあります。自発光はその名の通り、塗料自ら光るものです(ちなみに明るい所ではわかりにくいですが、常時光っています)。 蓄光は読んで字のごとく「光を蓄える」ものですから、周りの光を吸収し蓄える事で発光しています。 ・自発光塗料:トリチウム ・蓄光塗料:スーパールミノバ、クロマライト に分類されます。

クロマライトの利点や特徴は? いつから採用された?

ロレックスでは2007年頃からは独自に開発・特許を取得した蓄光塗料「クロマライト」を採用。スーパールミノバが緑色の光を放つのに対して、ピーコックブルーと呼ばれる鮮やかな青い光を放つのが特徴です。 クロマライトの発光時間は、一般的な蓄光塗料の約2倍で、8時間以上も持続するんですね。 2007年に発売されたミルガウスやオイスターパーペチュアルのカラーインデックスからクロマライトは採用されていますが、2008年に登場したディープシーによってクロマライトの知名度は大きく広まりました。 水中のような暗い場所でも視認性を保つことが必要とされるダイバーズウォッチには明るくて見やすく、長時間光り続けるクロマライトはかかせない存在と言えますね。 実用時計であることを哲学にしているロレックス。やはり夜光塗料においてもイノベーターだったんですね。

アーティスト村上隆と時計「ウブロ」のコラボ第2弾はレインボーの“お花

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のスイスブランド「ウブロ(HUBLOT)」は、アーティスト村上隆とコラボレーションした時計の第2弾“クラシック・フュージョン タカシムラカミ サファイア レインボー”を発表した。価格は税込1225万4000円で、世界限定100本。

 前作に続き、村上の代表作である“お花”をモチーフにするが、第1弾がオールブラックだったのに対して、今回は透明なサファイアクリスタルの上にレインボーを表現した。12枚のカラフルな花びらをルビー、ピンクサファイア、アメジスト、ブルーサファイア、ツァボライト、イエローサファイア、オレンジサファイアなど487個の貴石で構成し、本作のために開発したボールベアリングシステムにより「元気よく」(村上)回転する。

 リカルド・グアダルーペ(Ricardo Guadalupe)=ウブロ最高経営責任者は「本作は手首に着けられる芸術作品だ!」と言い、村上も「『ウブロ』の熟練したテクニックが僕のインスピレーションの可能性を広げ、結果としてレインボーの新作が誕生した。特にサファイアの切削技術は世界最高峰であり、感動した」とコメントした。

 「ウブロ」と村上は今年1月、“クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック”(289万円、世界限定200本)を発表している。

時計コピー館

ショパール コピーアルパイン イーグル」は、高度なデザイン力と技術力を背景に持つショパールならではの志の高い新世代ラグジュアリースポーツであった。

ショパール「アルパイン イーグル ラージ」
1980年に発売され大ヒットとなった「サンモリッツ」にインスパイアされて誕生した新作。人生の進むべき方向を示すコンパスローズを刻んだねじ込み式リュウズは直径7.0mmという大型で巻き上げ感触は滑らか。自動巻き(Cal.01.01-C)。31石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。ルーセント スティール A223×18Kエシカルローズゴールド(直径41.0mm、厚さ9.70mm)。100m防水。248万6000円(税込み)。
奥山栄一、吉江正倫:写真 Photographs by Eiichi Okuyama , Masanori Yoshie
名畑政治:文 Text by Masaharu Nabata
[クロノス日本版 2021年11月号掲載記事]

絶妙なサイズ感と快適な装着感に秘められた
興味深いストーリー
ショパール「アルパイン イーグル ラージ」

ダイアルの筋目模様はワシ(イーグル)の虹彩をイメージし、渋い色合いはベルニナ山群(スイス東南端に位置するスイス第三の山塊)に由来するベルニナグレー。この渋いカラーと筋目が針やインデックスを浮き立たせる効果を十分に発揮する。
 正直、ラグジュアリースポーツに、それほど興味はなかった。大体、ステンレススティールのスポーティーな高級時計なら大昔からあり、やや高額なダイバーズやクロノグラフも「ラグジュアリースポーツ」ではないのか? と思っている。

 そんな私の担当はショパールが2019年10月に発表した「アルパイン イーグル」。ではとにかく虚心坦懐に時計コピー館そのものと向き合うことにしよう。

 まずは外観。ベースは1980年にショパールがリリースしたブランド初のステンレススティールモデル「サンモリッツ」だが、原型と比べ、装飾的要素が抑えられて骨太感が増したように思える。

ショパール「アルパイン イーグル ラージ」

ブレスレットとケースの仕上げは、サテンとポリッシュを巧みに使い分け、カッチリとした造形美をより美しく引き立てる。サテン仕上げのキメも細かく、さすがショパールらしい技術の高さがうかがえる。
 装着感は文句の付けようがなく快適。重量もそれなりにあるが(実測で171g)、装着すると、そこまで重さは感じない。ケースも小ぶりに見える。ケース径は41mmだがベゼル径は38mm。これが実際よりコンパクトに見える秘密だろうが、実に巧妙な設計である。

 何よりも好感を持ったのはダイアル。模様が刻まれたダイアルは、実はあまり好みではないが、このモデルの筋目の入ったダイアルは鉱物を思わせる落ち着いたグレーとあいまって魅力的だ。インデックスはローマ数字の枠に蓄光素材を流し込んでいるが、この蓄光の線がやや細い。もう少し太くすればベストだろう。

 ブレスレットはガッチリしていて、ショパール コピーひねっても余分な遊びは感じられない。それでいてリンクの動きは滑らか。バックルは観音開きだが、ロゴを刻印したゴールドのセンターピースがあり、閉める際は上から下の順に操作する必要がある。できればセンターピースを廃して上下の順番なしに開閉できたら良いが、これは慣れなので使い込めば問題ないと思われる。

意外と知られていないサブマリーナーの逆回転防止ベゼルのこと!

先週末に友人と話をしていたときのことである。そのときに筆者が着けていたサブマリーナー(Ref.5513)の話題になったときに、ちょっとベゼルを動かした瞬間「あれ、右回転はできないようになっているんじゃないの」と言われた。

 その友人は時計の愛好家ではないものの、時計は複数所有しているしそれなりに知識はある。しかし、サブマリーナーの回転ベゼルに当初は逆回転防止機能が装備されてなかったことを知らなかったのである。ということでテーマ的にはちょっと時期外れの感はあるが今回はこの話題について取り上げる。

 まず、この回転ベゼルについて、あまりご存じない方のために簡単に説明したい。サブマリーナーのようなダイバーズウオッチの場合は、現在は高い防水性能だけでなくほかにも満たさなければならない様々な必須項目が工業規格などによって定められている。その項目のひとつに目盛が付いており、かつ逆回転防止機能がついた回転ベゼルを装備することが定められているのだ。

1979年頃に登場したデイト表示付きサブマリーナーの第2世代、Ref.16800。このレファレンスからベゼルに逆回転防止機能が付いた。また、風防もサファイアクリスタルとなり防水能力も300mに引き上げられた。Cal.3035を搭載https://www.rasupakopi.com/rolex_z68.html

 この逆回転とはベゼルが右回転できないようにすること。ダイバーズウオッチの回転ベゼルは経過時間を測定するために考案された。つまりどれだけ潜っているのか潜水時間(=酸素が残りどれだけもつか)を把握するためのものだ。潜水中にこのベゼルが誤って右回転してしまうと潜り始めた時間が実際よりも後になってしまい。潜水時間が短く表示されてしまう。それを防ぐために左にだけ回転できようにしているというわけだ。

そして本題だが、回転ベゼルが代名詞でもあるサブマリーナーには、当初からこの逆回転防止機能が付いていたわけではなかったのである。これが付いたのは実はサブマリーナー誕生から約26年後の1979年頃に登場し、サファイアクリスタル風防が初めて採用されたサブマリーナーデイト、Ref.16800からだったのだ。アンティークのロレックスが好きな人は知っている方も多いと思うが、もうかれこれ42年も前から逆回転防止機能付きということを思えば、知らないという人の方が多いのにも納得である。

おすすめの腕時計アクアレーサー プロフェッショナル 300

本日は、2021年タグホイヤー新作モデル「アクアレーサー プロフェッショナル 300」のご紹介です。

2021年新作 タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

ホワイトの夜光性ダイヤルは、暗闇の中で時計を浮かび上がらせます。1980年代のホイヤーの光り輝くダイヤルの歴史へのオマージュです。

2021年新作 タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

全面が夜光のダイヤルを備えたこのダイバーズウォッチは、夜間の視認性を前面に押し出したナイトダイバー向けの1980年代のクラシックなモデルに新たな風を吹き込んだタグホイヤーのニューモデルです。

2021年新作 タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

DLCコーティングが施されたスティールケースとブラックセラミック製ベゼルとのコントラストが美しく、ホワイトオパーリンダイヤルが特徴的です。

2021年新作 スーパーコピー時計タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

暗所では、溝のあるダイヤルがスーパールミノバによって明るいグリーンに輝きだします。アプライドのインデックスとゴールドプレートされたブラックの夜光つき針が、背景の夜光ダイヤルによく映えている。

2021年新作 タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

DLCコーティングを施した43mmのステンレススティール製ケースに、ブラック セラミック製ベゼルを備えます。堅牢で信頼性の高い、あらゆる状況に対応するダイバーズウォッチです。

2021年新作 タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

タグホイヤー コピーN品価格:25300円2021年新作 タグ・ホイヤー文字盤全体が光る「アクアレーサー プロフェッショナル 300」入荷! – TAG Heuer

https://www.rasupakopi.com/
耐圧性を備えた快適なブラック ラバーストラップには、DLCコーティングを施したスティール製バックルを採用。

ケリングとカルティエ、時計・宝飾品の環境目標設定

[パリ 6日 ロイター] – 欧州の高級ブランド、ケリングとリシュモン傘下のカルティエは業界団体と共に時計と宝飾品に関する環境目標を設定し、他のブランドにも参加を求めていくと発表した。

両社は「責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)」と「ウォッチ&ジュエリー・イニシアティブ2030」を設立。2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量の削減や生物多様性の保全に取り組むほか、業界の標準化団体であるRJCが定めた慣行を採用するとしている。

カルティエのシリル・ビニュロン最高経営責任者(CEO)はまず欧州のブランド、次いで域外のブランドに参加を呼び掛けていくとし、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のティファニーなどに言及した。

「かなり多くの主要ブランドが参加すると考えている」とし「サプライヤーや販売業者も加わるだろう」と述べた。