パートナーシップから生まれた伝説のタイムピース。

1952年、ウィリー・ブライトリングが、パイロットが必要とするすべての飛行管理計算を行える腕に装備する計器を開発。その2年後、そのデザインは国際オーナーパイロット協会(AOPA)の公式タイムピースに選ばれました。ブライトリングと同協会のパートナーシップにより、時計史上最も有名な腕時計の一つである「ナビタイマー」が誕生しました。そのオリジナルモデルでは、12時位置にAOPAのロゴが誇らしげに配されていました。そしてこの度、ブライトリングと同協会が共同で、若いパイロットのための新しい奨学金の創設を発表しました。この時計の70周年を記念したコラボレーションの第一弾です。

「当時、ブライトリングもAOPAも、このパートナーシップの意義の大きさを想像することはできませんでした。しかし、このパートナーシップにより、単なる時計よりもはるかに大きな意義を持つ時計が生まれたのです。まさに象徴として。」と、ブライトリングのジョージ・カーン CEOは語っています。

 この度、両組織は、「ブライトリング航空奨学金」の創設を発表しました。この奨学金は、米国の青年がパイロット養成コースを修了するための費用を給付します。願書の締め切りは2022年2月11日です。

 ブライトリングとAOPAの関係は、約70年前にウィリー・ブライトリングがAOPAの会員のために新しいコンセプトを活かしたクロノグラフを開発したことから始まりました。当時(そして現在も)、AOPAは世界最大のパイロットクラブであり、米国のほぼすべての飛行士を会員としていました。

 彼がデザインしたのは、平均速度、移動距離、燃料消費量、上昇率など、パイロットが進歩的な飛行管理計算を行うことができる画期的な腕に装備する計器でした。このオンボードコンピューターへの初期の答えは、ブライトリングが特許を取得した円形計算尺を時計の回転ベゼルに組み込むことで実現しました。「ナビタイマー」は、「ナビゲーション」と「タイマー」を巧妙に組み合わせて生まれた名前です。1954年にAOPA会員向けに発売されたこの時計は、瞬く間に人気を博しました。

 この最初のナビタイマーは、「AOPAの仕様に完全に合わせて設計・製造された」もので、ダイヤルのどこにもブライトリングの名前やロゴは標されていませんでした。その代わりに、12時の位置にAOPAのロゴがくっきりと施されていました。

BREITLING(ブライトリング) パートナーシップから生まれた伝説のタイムピース。ブライトリングがAOPAのために製作した「ナビタイマー」が2022年で誕生から70周年
 1950年代から1960年代にかけて、ナビタイマーは軍および民間航空会社のパイロットのためのブライトリング スーパーコピー時計として選ばれ続けました。1962年には、宇宙飛行士スコット・カーペンター氏が特別に改造したナビタイマーを宇宙でも着用しました。

 ナビタイマーの妥協のないスタイルと機能性に惹かれたのは、飛行士だけではありませんでした。1955年にAOPAの文字のないロゴだけが刻まれたこの時計が市場に出回ると、マイルス・デイビスやセルジュ・ゲンズブール、F1チャンピオンのジム・クラークやグラハム・ヒルなど、当時の著名人にも愛用されました。

http://dondakopi.bangalog.com/

 現在、この時計で最も人気のあるコレクターズアイテムは、協会のロゴをあしらったヴィンテージモデルや限定品です。かつて「AOPAの公式時計」であったものが文化的な現象となり、そのオリジンはナビタイマーの未来に強い影響を与え続けていくことでしょう。

 AOPA会長、マーク・ベイカー氏は、次のように述べています。「ブライトリングとは、1950年代に初代ナビタイマーでパートナーシップを組んだことに始まり、長い歴史を共に歩んできました。この重要で強固な関係を維持し、よりエキサイティングなプロジェクトのための舞台を用意できることに私は心躍らせています。ブライトリングがAOPAとジェネラル・アビエーションに貢献してくれていることに大変感謝しています。」