パテック フィリップのヴィンテージ感あふれるカラーダイヤルに注目すべき

2022年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる”活きのいい”モデルを厳選する連載「意欲的新作ウォッチ」! 第120回は、パテック フィリップの「永久カレンダー 5320」と「クロノグラフ 5172」を取り上げる。【過去の連載記事】

流行にとらわれない魅力を放つサーモンピンクダイヤル
パテック フィリップは1839年創業の由緒あるマニュファクチュールであると同時に、時計業界屈指のリーディングブランドである。昨今のグリーンダイヤルをはじめとしたカラーダイヤルのブームもこのパテック フィリップの存在なくしては、ここまで盛り上がらなかった可能性が大いにある。

今回、「ウォッチズ & ワンダーズ ジュネーブ 2022」にて、注目すべきダイヤルカラーが発表された。「永久カレンダー 5320」と「クロノグラフ 5172」に採用されたローズゴールドめっきによるサーモンピンクダイヤルは、往年のヴィンテージウォッチで見られるダイヤルカラーから着想を得ている。

この魅力的な文字盤と、両モデルに共通するシリンジ型のパテック フィリップ コピー時針・分針、アラビアンインデックスを備えたダイヤルデザイン、三重の段差を施したラグなどの組み合わせによって、ヴィンテージ感を一段と強める仕上がりを見せた。

サーモンピンクのダイヤルカラー
ヴィンテージ感を醸し出すサーモンピンクのダイヤルカラー。

三重の段差を施したラグ
三重の段差を施したラグもヴィンテージウォッチから着想を得たものだ。

言うまでもなくパテック フィリップが目指すのは、ヴィンテージの模倣ではなく、クラシックとモダンが融合する独自の時計製造にある。このような設計思想は最も良いブランド時計スーパーコピー時計の内部構造にまで及んでいる。

永久カレンダーやクロノグラフはいずれもパテック フィリップが最も得意とする複雑機構であり、伝統を継承しながら現代の技術と向き合うことで時代に応じた進化を遂げてきた。それぞれのモデルに搭載されたムーブメントは、毎時2万8800振動による高い精度に加え、視認性に優れたダイヤルデザインを生み出す。

クロノグラフ 5172
古き良き時代のクロノグラフを彷彿させる「クロノグラフ 5172」のデザイン。

手巻きムーブメントCal.CH 29‑535 PS。
「クロノグラフ 5172」に搭載された自社開発・製造の手巻きムーブメントCal.CH 29‑535 PS。

魅惑のカラーダイヤルに彩られた新発想のヴィンテージスタイルには、流行にとらわれない魅力が備わっている。

パテックフィリップノーチラス 5711やカラトラバ 5196がカタログから消える

パテックフィリップの2022年の、生産終了モデルが判明しました。
2021年には人気のステンレススティール製ノーチラス5711/1Aが姿を消すなど、大きな話題を呼んだものです。
しかしながら2022年、かろうじて残っていたローズゴールド製ノーチラス5711/1Rもカタログから姿を消しています。さらに往年の名作も姿を消していて―?
この記事では、ノーチラス 5711/1Rを始めとするパテックフィリップの生産終了モデルをまとめてみました!

世界で最も高級なステンレススティール製スポーツウォッチと言って過言ではないノーチラス。

1976年、かの有名な時計デザイナー「ジェラルド・ジェンタ氏」によってデザインされて以降、ラグジュアリー・スポーツウォッチ市場を牽引してきました。

ブレスレットとシームレスになったオクタゴンフォルムのケースはきわめて薄く上品で、パテックフィリップらしい極上の仕上げと、歪みのない優美なフォルム,さらには吸い付くような装着感は唯一無二ですね。ノーチラスは「タキシードにもウェットスーツにも似合う時計」といったコンセプトが語られますが、この一文を体現した至高の腕時計となっております。

さらにノーチラスは近年、世界的に需要が高まりすぎた結果、正規店はおろか並行輸入市場でも流通量が激減。これに伴いステンレススティール製ウォッチとは思えないような超高額な実勢相場を叩き出す存在としても知られています。

そしてその主役となっているのが、長年現行モデルであり基幹モデルでもあったRef.5711/1Aです。

Ref.5711/1Aは2006年に誕生しました。2010年にマイナーチェンジしたり、2012年にホワイト文字盤がラインナップに追加されたり(もともとはブルー文字盤のみ)といくつかの変遷を経ていますが、パテックフィリップの「顔」として、多くの時計愛好家を魅了したのは間違いありません。

なお、Ref.5711系は2015年にオールローズゴールド製の5711/1R、そしてノーチラス40周年にあたる2016年、700本の限定生産とはなりますがプラチナ製5711/1Pなどといったバリエーションが追加されています。

https://housekihiroba.jp/shop/c/c01pp/

https://www.rasupakopi.com/patekphilippe_z152.html

そして2021年、ついにブルー文字盤のRef.5711/1A-010もカタログから消え、完全に生産終了することとなったのです。

しかしながら同年、グリーン文字盤を湛えたRef.5711/1A-014が新作として発表されます。

「新作」とは言え、このグリーン文字盤ノーチラスは2021年のみの製造。

2019年頃からパテックフィリップのCEOティエリー・スターン氏は自社の現状のステンレススティールモデルの在り方に対して楽観視できないことを示唆しており、グリーン文字盤が最後のRef.5711/1Aであると言われていました。

実際は2021年12月にパテックフィリップとティファニー170年の歴史を祝うノーチラス Ref.5711/1A-018が170本限定生産で発表されました。ティファニーブルーが大変美しい一本ですが、ティファニーブティックでの取り扱いとなり、ティファニーが自社の顧客に販売すること。加えて世界的に熱狂しているノーチラス需要の渦中において、170本というきわめて少量な製造本数であることから、グリーン文字盤ともに一般市場にはほとんど出回らないと言って良いでしょう。ちなみにティファニーブルーのノーチラスは、同年12月12日のフィリップスオークションで約7億3500万円にて落札されています。

なお、2006年から続く5711系ノーチラスのステンレススティール製モデルは2022年、完全に消えゆくことは当初から予想されていました。これはバゲットカットダイヤモンドをベゼルに敷き詰めていたステンレススティール製Ref.5711/1300A-001も同様です。

しかしながら残留していたローズゴールド製Ref.5711/1R-001も、2022年、カタログから消え、生産終了が判明したのです。すなわち、Ref.5711系の完全廃盤と。

余談ですが、パテックフィリップはニュアンスカラーを巧みに使った文字盤の出来栄えが本当に素晴らしいです。

Ref.5711/1A-010に代表されるブルーも、文字盤外周から中心にかけて濃淡がグラデーションのように変わっていますね。文字盤にこういった単一色ではない味わいを持たせるには高度な製造技術が欠かせず、パテックフィリップが世界最高峰と言われる所以を感じられる一幕だと思います。

Ref.5711/1R-001のブラウン文字盤も本当に美しく、ローズゴールドの優美さと相まって、傑出したラグジュアリー・スポーツウォッチであることがわかりますね。

この極上のローズゴールド・ノーチラス含め、とにもかくにも3針+デイトのベーシックなノーチラスが続々と姿を消しており、ファンとしては一抹の寂しさのようなものを感じさせられます。

この5711系に加えて、トラベルタイム×クロノグラフを搭載したステンレススティール製ノーチラスRef.5990/1A-001もカタログから消えていました。

パテックの代表コレクションがセール対象に

現行のカラトラバでは見られない、ケースラインがリューズガードのようなシルエットをしております。また、同じく現行カラトラバには存在しないねじ込み式リューズである点も特徴の一つです。

96シリーズはシャープなエッジがPATEK PHILIPPE スーパーコピー特徴的ですが、こちらは全体的に流れるような曲線が美しく、ベゼルのエッジもなめらかで丸く柔らかい印象を受けます。

https://www.supakopitokei.com/

搭載ムーブメントはジュネーブシール取得のカレンダー付センターセコンド「Cal.315SC」を搭載。毎時21600振動のロービートをシースルーのケースバックから鑑賞することができます。

5227では、裏蓋にサファイアガラスを保護するためのハンターケースが採用されました。従来の「オフィサー」シリーズを彷彿とさせるハンターケースですが、異なる点は留め具である蝶番(ヒンジ)が表側からは見えない仕様「インビジブル・ヒンジ」として新たに再構築されたことで装着感がより向上したように感じます。

型番の繋がりで見ると5127と5227は後継ではありますが、希少であったハンターケースモデルの意向を引き継いだモデルとして、単なるカラトラバの系譜というだけでなくオフィサーの特徴を融合し、現代解釈した新しいモデルともいえるでしょう。

ムーブメントには前述したCal.315SCの後継にあたる「Cal.324SC」が搭載されています。315SCではテンプが勢い良く回りすぎてしまうために発生する「振り当たり」を解決するため、28800振動とハイビート化されました。また、構造もシンプルなものとなっており、ひげゼンマイがスピロマックスと呼ばれるシリコン製に変更されるなど、より精度も高まったことから324系はノーチラスをはじめ現行モデルでも幅広く搭載されているものです。

ケース形状や針、インデックスなど細かい派生モデルも多く存在しますがそのどれもがどの時代にも愛される、こだわりつくされた逸品です。
ドレスウォッチの完成形、傑作とも称されるカラトラバをぜひお手元でご堪能下さい。

パテックフィリップ コンプリケーテッド・ウォッチ クロノグラフ 5170G-001

パテックフィリップでも人気の高い2カウンタークロノグラフです。90年代に復活した5070の後継モデルでレマニア2310ベースのムーブメントから自社ムーブメントの「Cal.CH 29-535 PS」が搭載されています。

https://kakaku.com/

高級機種に良く採用されるコラムホイール式と水平クラッチを備えており、プッシャーの押し心地がとても滑らかです。

5170でも5170G-001と5170J-001にはパルスメーターが付いています。

「GRADUE POUR 15 PULSATIONS」と書かれている通り、クロノグラフをスタートさせると同時に脈を図り始め、15回脈拍を図り終えたところでストップさせ、その際にクロノ針が指している数字が1分間の脈拍数を指しています。

インデックスにはブレゲ数字を備えて40mmと主張し過ぎないサイズ感もとても良い雰囲気を出しています。

参考記事:www.supakopitokei.com/patekphilippe_copy152.html