フルラの新作腕時計「フルラ チェーン スクエア」

今回新たにフルラの腕時計シリーズのラインナップに加わる「フルラ チェーン スクエア」は、アクセサリー感覚で着用できるデザインウォッチ。直線的なスクエア文字盤と柔らかなアーチ状のラグが特徴的なケースに、フルラのロゴをかたどったべっ甲柄のチェーンブレスレットを組み合わせた、高級感あるクラシックな佇まいが魅力だ。

カラーはブラックとピンクの2色展開


フルラ(FURLA) フルラ チェーン スクエア|写真7
カラーは、ゴールドを基調にブラックの文字板とチェーンブレスレットでカラーコントラストを効かせたブラックと、ピンクゴールドで統一した文字板とケースでべっ甲柄のブレスレットを印象的に引き立たせたピンクの2種類。いずれのカラーも、上品な色彩と華奢なシルエットが、女性の手元を華やかに彩ってくれる一本となっている。

https://jobhub.jp/co_workers/beefly_good22

オイスターケースを備えた実力派の量産モデル、チューダー“プリンス”

チューダーのオイスタープリンスが発表されたのは1952年のことだ。ちょうどロレックスのエクスプローラーが発表される1年前である。53年のプリンス広告記事に描かれているのは、ビルの工事現場であったり、バイクシーンだったりとタフな環境での様子を描いたイラストだ。つまり、強靭性、信頼性、高精度を強く訴求したかったことがうかがえる。

https://jkdfkopi.jimdosite.com/

ロレックスの防水ケース、オイスターを与えらた自動巻きモデル、オイスタープリンス

1953年に掲載された記事では、“1000マイルを走破したバイクレーサーが着用”など、過酷な環境において実施したテストがイラスト付きで紹介され、プリンスの高い耐久性や堅牢性をアピールした

 ビジュアルこそ違えども頑丈な時計だということを訴求している内容はまさに同時期のエクスプローラーのPR戦略と同じ。当時、腕時計のブランドアイデンティティを明確に打ち出す意味において、“丈夫さ”を訴求することがいかに大切なことだったかが垣間見られるようだ。そのためハンス・ウイルスドルフはロレックスとチュードルを切り離して訴求するのではなく、高い防水能力を誇るオイスターケースというロレックスならではの強みをプリンスにも採用することで、ブランド力を一気に高めたのである。そして、このハンス・ウイルスドルフの巧みなPR戦略は見事に当たり、好調なセールスを記録。加えて同年には26本のチュードル オイスタープリンスがイギリス海軍によるグリーンランドへの科学探査(52年〜54年)に携行され、ここでも正確に時を刻み、プリンスの強靭性、信頼性、高精度さを証明したのだった。
 ちなみにロレックスの自動巻きモデルの総称がパーペチュアルであるのに対して、チュードルではプリンスが自動巻きモデルであることを示す総称となる。

 初代オイスタープリンスとして発表されたRef.7909は、34mmのケースサイズで展開されていた。ムーヴメントには自動巻きCal.390を搭載。これはロレックス製ではなく、フルーリエ製(FEF)ムーヴメントのCal.350をベースに改良されたものである。
 高級時計コピー振動数は毎時1万8000振動。ロレックスの1000系ムーヴメントと同じような、バタフライローターと呼ばれる深い切り欠きが付いた特徴的な形状のローターが採用されている。初期モデルにはカレンダー機能を備えたCal.395を搭載したオイスタープリンス デイトもラインナップされた。そして、60年代後半に入ると、ムーヴメントはフルーリエからETA2451ベースのCal.2461に変更された。

左がフルーリエ製ベースのCal.390、右がETA製ベースのCal.2641

 さて、ちょっと話が逸れるが、オールドチューダーを知るうえでロゴの変遷も無視できなことのひとつだ。エリザベス女王1世を含む歴代5人の王を輩出し、国民に知られる名門チューダー家にちなみ、イギリス王朝のシンボルである“薔薇”をロゴに採用したのは有名な話だが、このロゴも時代によって変更されている。
 公式ホームページによると、1946年まで使われていたのが盾の中に薔薇をあしらった通称“盾バラ”。それ以降68年までは薔薇のモチーフのみとなった。一般的には小振りな通称“小バラ”だったが、なかにはインデックスの12の位置に大きく配された通称“デカバラ”も存在した。そして69年に盾をモチーフにしたデザインが採用されるという流れだ。おおよその年代を把握するうえでもぜひ知っておくといいだろう。