男性が選ぶ「憧れの高級腕時計ブランド」ランキング! 

ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、「憧れの高級腕時計rasupakopi.comブランド」について、全国の男性を対象にアンケート調査を実施しました。さまざまな高級腕時計ブランドが存在する中で、多くの人から憧れられているのはどのブランドだったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう。

●第2位:オメガ(OMEGA)
 第2位は「オメガ(OMEGA)」でした。得票率は17.2%です。ルイ・ブランによって1848年に設立された、スウォッチグループに所属するスイスのメーカー。

 1932年の「ロサンゼルスオリンピック」にて、公式計時を担いました。一般的なムーブメントよりも耐久性に優れ、オメガのみがコーアクシャル機構を採用しています。

 モデルは、「スピードマスター」や「シーマスター」などが有名です。第4世代のスピードマスターは、初めて月面で着用された時計としても知られ「ムーンウォッチ」と呼ばれています。

●第1位:ロレックス(ROLEX)
 第1位は「ロレックス(ROLEX)」でした。得票率は37.4%です。1905年に設立された、スイスのメーカー。世界的によく知られているブランドであり、ROLEXスーパーコピーデザイン性と機能性を兼ね備えた高級時計を展開しています。

 ロレックスの代表的なモデル「デイトジャスト」は1945年に発売。その後は「コスモグラフ デイトナ」や「エクスプローラー」「サブマリーナー」などさまざまなモデルが発表されてきました。

 ロレックスの時計の中には、入手するのが困難なモデルも存在します。他の高級腕時計と比較して中古市場の需要も高く、その資産価値から投資として保有している人も多くみられるブランドです。

ロレックス 22年の新作時計、革新と回帰と

コロナ禍でも人気が高まる高級腕時計。春には各ブランドが相次いで今年の新作を発表した。注目の見本市に日本を代表するブランドが初参加して革新的なモデルを披露するなど、新時代を感じさせる時計が登場。一方、高騰するビンテージ時計を意識してか、過去の名作をアップデートする傾向も続いている。

http://www.21styles.com/mybbs/cfdfdtsf/index.html

グランドセイコー、W&W初参加
 バーゼルワールドに代わって世界最大の時計見本市となったスイス・ジュネーブのウォッチズ&ワンダーズに、日本のグランドセイコー(GS)が初出展した。発表したのは限定20本のKodo・コンスタントフォース・トゥールビヨン(4400万円)=[1]。ゼンマイの巻き上げ量にかかわらず一定の精度を保つ構造と、重力に影響されない正確さを持つトゥールビヨンを併載したGS初の複雑機構だ。

 独創的なデザインで、鼓動を感じさせる音で時を刻む。構想から10年を要したといい、同社のマーケティング統括室は「GSの新たな領域を切り開くとともに、ロレックス時計激安史に新たな1ページを刻んだ」と胸を張る。

ロレックスのシードゥエラーディープシー126660 Dブルー

先日の新作発表でひっそりとモデルチェンジが行われていたロレックスのシードゥエラーディープシー。新型モデルはデザインも大きな変更なく、ムーブメントも126660と同じ…ですので、今回セールで販売する126660はまだまだ現役として活躍しそうです。

防水性能は驚異の3900m。日本海溝の最深部が3,700mと少しと言われているので、その防水性のすごさが分かるのではないでしょうか。

Dブルー文字盤はこのモデルだけにセットされるので、より特別感があり人気です。青から黒へのグラデーションは、深海を連想させます。
ケースサイズは44mm、厚さは17.5mmと大きく、存在感のある時計が好きな方、腕回りががっしりした方にお似合いになります。

新生活の相棒探しに【FRESHERS SELECTION 2022開催中

春からスタートする新生活に向けて、スーツやネクタイ、靴などの準備に忙しいこの時期ですが、皆様腕時計の準備はお済みでしょうか?
スマートフォンが普及した現代においても、会議や商談の最中に手元で時間を確認できる腕時計は必需品であり、個性を演出できるアイテムでもあります。

「FRESHERS SELECTION 2022」では、新社会人にオススメの腕時計5ブランドを取り上げていますが、本日は最も知名度の高いブランドの一つであるロレックスのオイスターパーペチュアルをご紹介いたします。

オイスターパーペチュアルはロレックス3大発明のうち2つの特徴を備えた、ロレックスの原点を語り継ぐモデルです。
ロレックスの3大発明とは、「オイスターケース(高い防水・防塵性)」「パーペチュアル(自動巻き機構)」「デイトジャスト機能(瞬時に切替る日付表示機能)」を指し、これらのうち2つの特徴を持つ「オイスターパーペチュアル」の名前は高い防水・防塵性を誇り、自動巻き機構を持つ時計ということを意味します。

ロレックスの他モデルと比べ、比較的安価ながら高い性能を備えたオイスターパーペチュアルには、新社会人にオススメの3つのポイントがあります。

1.視認性の高さ

オイスターパーペチュアルの文字盤は3針(時針・分針・秒針)にバータイプまたはアラビア数字のインデックスの組み合わせが基本となっており、即座に時間を把握することのできる非常にシンプルなデザインになっています。

https://supakopi007.com/

2.ビジネスシーンにピッタリのカラーバリエーション

文字盤のカラーバリエーションが豊富なこともオイスターパーペチュアルの特徴の一つ。
ビジネスシーンの定番カラーも抑えているので、長くご愛用いただけます

3.手首にフィットするケース径

日本人男性(成人)の平均的な手首の大きさは16~20cmとされており、腕時計のケース径が36mm~40mm前後が手首幅に収まる目安です。
オイスターパーペチュアル(メンズモデル)は34・36・(39)・41mmとサイズ展開も豊富なので、ご自身の手首にフィットするサイズ感をお選びいただけます。

「ロレックス オイスターパーペチュアル34 124200 シルバー」

初めて機械式腕時計をご使用される際、電池式腕時計と比べると操作が複雑なのではないか、とご不安に思われる方もいらっしゃるかと存じます。

クロノメーター認定の自社ムーブメント“cal.2232”搭載モデル
パワーリザーブ約55時間
ロレックス独自の高精度クロノメーター認定モデルです。厳しい検査基準で知られるクロノメーターの約2倍の検査基準をクリアしております。メンズのランナップでは最小のケースサイズのモデルです。腕周りの細い方でも使いやすいサイズ感です。

文章の出所:https://blog.gmt-j.com/

ロレックスにしか使われていない夜光塗料「クロマライト」の秘密

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか? あなたはどのロレックスがお好み? ロレックス愛用者の投稿写真をもっと見る なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。 今回お話しするのは、ロレックスが独自に開発・特許を取得した夜光塗料「クロマライト」につついて。

そもそも夜光塗料ってなんで開発されたの?

今では当たり前の存在になりましたが、そもそも、暗闇で光る時計が開発された経緯はご存知ですか? そのはじまりは1910年代の頃まで遡ります。当時はまだ街灯が今ほど整っていない時代。辺りが暗くなると文字盤から時間を読み取るのが難しかったことは容易に想像できますね。 そこで、長短針とインデックスが光るようにすることによって、暗闇でも時刻が分かるようにしようと時計にも夜光塗料が採用されました(夜光の機能は軍隊で昼夜問わずに日々ミッションを遂行する方達にとっては特にかかせないものでした)。

夜光塗料は一種類ではない

現在までには様々な夜光塗料が開発されています。 それぞれの由来や特徴を説明すると長くなりますので、こちらではかなりざっくりまとめますが…腕時計に使用されている ラジウム(~1960年代)→トリチウム(~1990年代)→スーパールミノバ(2000年頃~)と変遷をたどります。 ※夜光塗料には2種類、『自発光塗料』と『蓄光塗料』と呼ばれるものがあります。自発光はその名の通り、塗料自ら光るものです(ちなみに明るい所ではわかりにくいですが、常時光っています)。 蓄光は読んで字のごとく「光を蓄える」ものですから、周りの光を吸収し蓄える事で発光しています。 ・自発光塗料:トリチウム ・蓄光塗料:スーパールミノバ、クロマライト に分類されます。

クロマライトの利点や特徴は? いつから採用された?

ロレックスでは2007年頃からは独自に開発・特許を取得した蓄光塗料「クロマライト」を採用。スーパールミノバが緑色の光を放つのに対して、ピーコックブルーと呼ばれる鮮やかな青い光を放つのが特徴です。 クロマライトの発光時間は、一般的な蓄光塗料の約2倍で、8時間以上も持続するんですね。 2007年に発売されたミルガウスやオイスターパーペチュアルのカラーインデックスからクロマライトは採用されていますが、2008年に登場したディープシーによってクロマライトの知名度は大きく広まりました。 水中のような暗い場所でも視認性を保つことが必要とされるダイバーズウォッチには明るくて見やすく、長時間光り続けるクロマライトはかかせない存在と言えますね。 実用時計であることを哲学にしているロレックス。やはり夜光塗料においてもイノベーターだったんですね。